So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

道後温泉 [その他観光・レジャー]

子規記念博物館に来たついでに、道後温泉本館に行ってみる。残念ながら、湯に入らず、写真のみ撮る。以前来た時と比べて、周囲の雰囲気がモダンであった。



道後温泉本館

道後温泉は、日本三古湯の一といわれ、日本国内でもひときわ古い3000年もの歴史を持つといわれる温泉である。神話の昔はもちろん、史実上の記録に登場する温泉として見ても、道後温泉は日本最古級の歴史を持つ。また、夏目漱石の小説「坊つちやん」(1905年)にも描かれているのは有名である。

道後温泉には数々の伝説がある。
昔、足を痛めた白鷺が岩の間から流れ出る湯に浸していたところ、傷は癒えて、飛び立って行くのを見て、村人が手を浸すと温かく、温泉であり、効能を確認したという伝説がある。これが道後温泉の発見とされる。
また、神話の時代、大国主命と少彦名命が出雲の国から伊予の国へと旅していたところ、長旅の疲れからか少彦名命が急病に苦しんだ。大国主命は小彦名命を手のひらに載せて温泉に浸し温めたところ、たちまち元気を取り戻し、喜んだ少彦名命は石の上で踊りだしたという。

596年、聖徳太子が、病気療養のため道後温泉に滞在したことが伊予国風土記逸文に記されている。これをはじめとして、日本書紀や伊佐爾波神社の社伝などによると、景行天皇・仲哀天皇・神功皇后・舒明天皇・斉明天皇・中大兄皇子・大海人王子など多くの皇族方が行幸したとされる。

1635年(寛永12年)松山藩に松平定行が入ってから、道後温泉は定行ら代々の松平松山藩主により大きく整備された。

1894年(明治27年)、温泉街の中心部に近代和風建築として斬新なデザインを持つ道後温泉本館が完成する。翌4月には松山中学の英語教師として温泉のある松山市に赴任した夏目漱石がその建築に感嘆し、手紙や、後の彼の作品「坊つちやん」の中で絶賛している。
この道後温泉本館は、現在でも道後温泉のシンボル的存在となっている。


料金表

市内電車の道後温泉駅前には、放生園という小公園があり、坊っちゃんからくり時計、足湯、湯釜などがある。


道後温泉駅


坊ちゃんからくり時計


足湯
この前で、マドンナの衣装をまとった観光ボランティアガイドのお姐さんと一緒に写真を撮るが、この写真は非公開である。

商店街を歩いていると、椿の湯というのがあった。これも道後温泉の共同湯の一つである。


椿の湯

なお、日本三古湯とは、道後温泉(愛媛県)、有馬温泉、いわき湯本温泉(福島県)である。

帰りに商店街で砥部焼の招き猫の置物を買って帰る。これで、松山への日帰り小旅行は終わりである。

道後温泉本館

(完)

るるぶ愛媛道後温泉松山 ’08 (るるぶ情報版 四国 3)

るるぶ愛媛道後温泉松山 ’08 (るるぶ情報版 四国 3)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ジェイティビィパブリッシング
  • 発売日: 2007/06
  • メディア: 大型本


四国の温泉パラダイス

四国の温泉パラダイス

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: アイクコーポレーション
  • 発売日: 2007/10/25
  • メディア: ムック


四国の湯けむり 295めぐり

四国の湯けむり 295めぐり

  • 作者: 高知新聞企業
  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2007/03/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


愛媛―松山・道後温泉 宇和島・しまなみ海道 (’07) (マップルマガジン―四国 (380))

愛媛―松山・道後温泉 宇和島・しまなみ海道 (’07) (マップルマガジン―四国 (380))

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: 単行本


松山・道後温泉 (まっぷるぽけっと)

松山・道後温泉 (まっぷるぽけっと)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2004/03
  • メディア: 単行本


道後温泉 るるぶグラフにっぽんの温泉

道後温泉 るるぶグラフにっぽんの温泉

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: JTB
  • 発売日: 2004/04
  • メディア: 大型本


松山城と道後温泉―渡部章正写真集 (1983年)

松山城と道後温泉―渡部章正写真集 (1983年)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 愛媛文化双書刊行会
  • 発売日: 1983/12
  • メディア: -


ガイドブック道後温泉―歩いてめぐろう道後村めぐり

ガイドブック道後温泉―歩いてめぐろう道後村めぐり

  • 作者: 道後村めぐり協議会, 道後商店街振興組合, 道後温泉旅館協同組合
  • 出版社/メーカー: エス・ピー・シー
  • 発売日: 1998/04
  • メディア: -


湯築城物語―河野氏風雲絵巻

湯築城物語―河野氏風雲絵巻

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 道後温泉誇れるまちづくり推進協議会
  • メディア: -


道後物語 (1972年)

道後物語 (1972年)

  • 作者: 朝日新聞社
  • 出版社/メーカー: 愛媛文化双書刊行会
  • 発売日: 1972
  • メディア: -


子規のふるさと松山・道後温泉 (1982年)

子規のふるさと松山・道後温泉 (1982年)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 読売新聞社
  • 発売日: 1982/11
  • メディア: -


伊予路の道後温泉―秘められたる史跡と文学散歩 (1977年)

伊予路の道後温泉―秘められたる史跡と文学散歩 (1977年)

  • 作者: 鶴村 松一
  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 1977/03
  • メディア: -


松山・道後温泉〈2003年版〉

松山・道後温泉〈2003年版〉

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2003/01
  • メディア: 単行本








nice!(25)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 25

コメント 12

テリー

道後温泉三千年の歴史ですか、すごいですね。
聖徳太子をはじめ、天皇が行幸されたというのもすごいですね。
by テリー (2007-12-02 12:16) 

thaler

道後温泉いったことあります。
by thaler (2007-12-02 16:03) 

チャッピィー

こんばんは。
記事凄いですね・・毎回丁寧に書いてありますね。
写真は、歴史を感じさせますね・・素晴らしいです。
by チャッピィー (2007-12-02 16:48) 

道後温泉の今昔が分析されていて 
風物詩みたいでした 
いつもながら さすがですね(≧▽≦) 
by (2007-12-02 20:31) 

雪洞

こんばんは(^^)
一人旅で朝風呂に行って以来ですから大変懐かしいです♪
道後温泉本館も入浴料値上げしましたね。
その時は霊の湯の2階席を利用したのですが、
1000円は超えなかったと記憶してます。
いつ見てもいい町並みですね(^^)
by 雪洞 (2007-12-02 20:53) 

Silvermac

今日、BSで松山特集をやっていました。
by Silvermac (2007-12-02 21:23) 

マイケル

テリーさん
歴史があります。
by マイケル (2007-12-03 21:45) 

マイケル

thaler さん
有名ですから。
by マイケル (2007-12-03 21:46) 

マイケル

チャッピィーさん
色んなところから引っ張ってきています。
by マイケル (2007-12-03 21:47) 

マイケル

みほさん
調べてみると、面白いですね。
by マイケル (2007-12-03 21:48) 

マイケル

雪洞さん
一度ゆっくり温泉につかりたいてすね。
by マイケル (2007-12-03 21:49) 

マイケル

SilverMacさん
またゆっくり訪れたい地です。
by マイケル (2007-12-03 21:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。