So-net無料ブログ作成

姫路城の桜 [桜]

少し時期はずれであるが、桜の記事である。

姫路で20年に一度のお祭りを見た後、姫路城に桜を見に行く。この日は今春最後の週末の花見である。花は、前日の荒天もあり、かなり散っているが、ぎりぎりセーフである。

平成の大修理期間中であり、天守閣は見れないが、その他櫓もあり、桜もあり、十分楽しめた。

姫路城の桜.jpg

天守閣には覆いがしてあり、表面に天守閣に絵が書いてあったのが、何となくユーモラスであった。

天守閣の修理しているところも見学できるのだが、2時間待ち、3時間待ちであったので、諦めた。

また、三の丸広場でゆるキャラショーをやっていた。

昼食に姫路の名物の穴子飯を食べる。1000円だった。

(完)


造幣局の通り抜け [桜]

まだ、4月21日(土)である。今年最後の花見に京都の仁和寺に行った帰り。午後から雨という天気予報の予想を裏切り、すっかり晴れてきた。そこで、最後のさらに最後の花見を楽しむため、造幣局の通り抜けに行くことにした。
何年か振りであるが、恒例により、この年の貨幣セットを購入する。

造幣局の桜.jpg

造幣局の通り抜けは、一週間と期間も短く、毎年のことながら、大変な混雑であった。

桜の種類も豊富であるが、古い木も多く、枝が曲がりくねり、地面に垂れ下っているものもある。造幣局独特の風景である。

屋台も多く出ていたが、そんなものには目もくれず、写真だけいっぱい撮って、満足して、帰路に着く。


タグ:

仁和寺の御室桜 [桜]

4月21日(土)。この日は天気が悪く、午前中は曇り、午後からは雨とあったので、最後の桜を楽しもうと朝早く家を出て、京都に向かう。

目指すは仁和寺だ。ここの御室桜は、遅咲きの桜として有名だ。

仁和寺の御室桜.jpg

でも、少し遅かったようだ。花がかなり散って、花弁が地面を覆っていた。


平安神宮神苑の紅枝垂れ [桜]

平安神宮の紅しだれ.jpg

4月14日(土)くもり。

平安神宮の神苑の桜も、お薦めの一つである。

神苑に入ったばかりのところにある紅枝垂れは特に有名で見事である。

毎年見に行きたい桜の名所である。
タグ: 庭園 神社

二条城の枝垂れ桜 [桜]

二条城のしだれ桜.jpg

24年4月14日(土)曇り

二条城には何度か行ったが、桜のシーズンは初めてだ。

二の丸御殿とか一通り見て回る。入場料に入っているからだ。

二の丸庭園、本丸庭園の桜は少し遅いような感じだ。

内堀と外堀の間に小道に沿って枝垂れ桜が植えてある。これが見事である。

「やえべにしだれ」というらしい。

桜の園というところもあったらしいが、知らずに寄らなかった。残念。


浜寺公園の桜 [桜]

浜寺公園の桜.jpg

自宅から一番近いお花見スポットである。

犬の散歩をしたり、バーベキューをしたり、スポーツをしたり、府民の憩いの場所となっている。

これは先週の日曜日の午前中の写真である。

タグ: 公園

岸和田城の桜 [桜]

岸和田城の桜.jpg

首都圏では、桜も満開のようだが、関西は少し遅いようだ。
花見に京都に行こうかと思ったが、インターネットで調べると、まだ早いようだ。
南の方に行くことにした。

まずは、岸和田城だ。近くにありながら、何年かぶりである。
9時過ぎに出掛けたが、天気も良く、花見客が多かった。

お城の堀の周りに桜が植えられていて、まさに満開であった。
多くのカメラマンが三脚を据えて、桜と城にカメラを向けていた。
タグ:

姫路城「平成の大修理」天守閣の見納めと桜⑥ [桜]

姫路城には、四つの天守閣がある。一つの天守閣もないお城もあるというのに、四つもあるというのは驚きである。

まずはその一つ乾小天守を見上げながら、入口に向かう。

乾小天守.jpg
乾小天守


そして、西小天守と続く。


西小天守.jpg
西小天守

続きを読む


姫路城「平成の大修理」天守閣の見納めと桜⑤ [桜]

お城には、桜がよく似合う。

桜と白壁.jpg



「ほの門」をくぐったところのすぐ右手に油壁がある。

油壁.jpg
油壁

油壁は、粘土に豆砂利を混ぜ、米のとぎ汁で固めたものといわれ、一説には秀吉築城の名残とも伝えられている。

続きを読む


姫路城「平成の大修理」天守閣の見納めと桜④ [桜]

「はの門」をくぐると、天守閣がぐんと目の前に迫ってくる。


はの門越え.jpg

天守を見上げる.jpg






続きを読む


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。