So-net無料ブログ作成
検索選択

文楽「通し狂言 伊賀越道中双六」観劇 [文楽]

 久振りに、文楽鑑賞に大阪日本橋にある国立文楽劇場に足を運ぶ。文楽というと堅苦しいイメージがあるが、一度通いだすとたまらなく面白く、結構はまっている人も多い。
 今回の演目は、「伊賀越道中双六」という仇討ちものである。「鍵屋の辻の決闘」とも呼ばれる実際にあった事件を題材にしている。
文楽6.jpg
 通し狂言というのは、一日がかりで一つの作品を上演するものである。通常、文楽を見に行くと、一つの作品のすべてでなく、いくつかピックアップした「段」を見る。通し狂言という公演の仕方の方が珍しいのだ。朝10時半に始まり、8時50分に終わる。これをずっと見るのは、流石にしんどい。2時間物の映画をじっと見るだけでも眠たくなるのだ。幸いに一部と二部の分かれているので、一部と二部を別々の日に見に行く。ひょっとして、一日で最初から最後まで見る豪傑もいるのかも知れない。

続きを読む


nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。