So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年06月| 2017年07月 |- ブログトップ

飛騨高山 [その他観光・レジャー]

信州旅行の続きです。久し振りの家族旅行でしたが、子供達は仕事があるので、日曜日午後、松本から電車都心に向かいました。

夫婦二人で西に峠を越え、飛騨高山を目指しました。

飛騨高山では、すでに4時近くになっており、まずは高山祭屋台会館に寄りました。
高山観光スポットでは、人気から言うと、下位に来るかもしれませんが、お祭り好きの私としては、外せないスポットです。


IMG_3304 (2).JPG


高山祭は、4月14~15日の日枝神社例祭(山王祭)と、10月9~10日の櫻山八幡宮例祭(秋の八幡祭)の総称です。
京都市の祇園祭、埼玉県秩父市の秩父夜祭と並んで日本三大曳山祭および日本三大美祭の1つとされています。
「高山祭屋台」23台が重要有形民俗文化財に、「高山祭の屋台行事」が重要無形民俗文化財に指定されています。

屋台会館は、桜山八幡宮の境内にあり、秋の高山祭に曳きだされる11台の屋台を年3回(3月・7月・11月)4台づつ入れ替えています。祭行列を再現展示し、巫女さんがガイドをしてくれました。


夜の食事は、酒造メーカーが経営しているレストランで飛騨牛のステーキを食べました。
その日は郊外のホテルで宿泊しました。

翌朝、8時過ぎにホテルを出発、高山陣屋に向かいます。8時30分前には着いたのですが、オープンは8時45分で会館前でした。外国人観光客も多く、陣屋の門の前で記念写真を撮っていました。
陣屋の前では朝市も開かれており、一通り見て回りました。

IMG_3347 (2).JPG

高山陣屋というのは、私は、昔の宿泊所である本陣だと思っていたのですが、江戸時代の代官所だったのです。郡代・代官が治政を行った場所で、御役所や郡代(代官)役宅、御蔵などを総称して陣屋と呼ぶそうです。

飛騨の国は、山林資源(木材)と地下資源(金・銀・銅・鉛)に恵まれていたことから、元禄五年(1692)に直轄領とし、この地に代官所を置いたのです。 飛騨代官は安永六年(1777)に飛騨郡代に昇格し、他の郡代役所(関東・西国・美濃)と並んで幕府の重要な直轄領となりました。
幕末には全国に60数ヵ所あったと言われている郡代・代官所の中で、当時の主要建物が残っているのはこの高山陣屋だけです。全国で唯一建物が現存する遺跡で、昭和4年(1929)には国史跡に指定されました。

この高山陣屋の建物は広大で、江戸時代の生活の様子なども見られて、大変勉強になった。


高山陣屋を見た後、高山市三町伝統的建造物群保存地区を散策しました。昔ながらの建物に今風のグッズやグルメ。ついついお土産も買いすぎました。

最後に名物の高山ラーメンを食べ、この町を後にしました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

安曇野 大王わさび農場 [その他観光・レジャー]

信州家族旅行の2日目。安曇野に行きました。あいにく、この日は曇りで、北アルプスの峰は見えません。

どこに行こうか迷って、うろうろした結果、大王わさび農園にしました。他に美術館とかもあったのですが、ここで大部分の時間を過ごしました。

ワサビ田を見るのは初めてですし、その広大さには驚きました。日本のワサビをすべてここで作っているのではないかと思ったぐらいです。

IMG_32.jpg

近くを流れる川はとても綺麗で澄んでいました。

黒澤明監督作品の「夢」の撮影の舞台となった水車小屋がありました。残念ながら、近くにはいけず、少し斜めから写真を撮りました。

IMG_3.jpg

午前中はゆっくりと広大な農場内を見学し、お土産も沢山買いました。昼食は、また信州蕎麦を食べ、2時頃、次の目的地飛騨高山に向かって、出発しました。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

松本城 [城]

随分久し振りにブログを更新します。
小生も今年還暦を迎えました。
定年ということで一旦退職はしますが、嘱託ということで、引き続き同じ職場に勤めます。

節目ということで、僅かな休みをとって、信州に行くことにしました。
当初家内と二人で旅行するつもりでしたが、子ども達を誘って見ると、皆一緒に行くと言ってくれました。次男と三男は、就職して関東にいるので、現地集合で松本駅で待ち合わせることにしました。

私と家内と三男は、朝6時に大阪を車で出発。西名阪を通って、名古屋経由で、中央道を走ります。途中、工事渋滞もあり、待ち合せ時間に少し遅れて、到着しました。駅のそばの駐車場に入れて、昼食は信州蕎麦を食べました。人気店なのか、店に入るのに少し並び、料理が出てくるのに少し待ち、お値段は少し高めでした。味はまあまあでした。

食事後、早速松本城に行きました。これで国宝の天守閣を持つ5つの城はクリアしました。日本100名城はまだまだですが。
この日は天気が良く、北アルプスの峰峰を背景に、すっくと立つ漆黒の天守閣は、今まで見た数々のお城の中でも一二を争う美しいものでした。

IMG_3143 (2).jpg

松本城は、徳川家康の家老であったにもかかわらず、その後出奔して、豊臣秀吉に仕えた石川数正の居城として有名です。豊臣秀吉の小田原征伐の後に、石川数正は松本城に封じられることになるが、松本城が近世城郭として整備されるのは、数正とその子康長の時代です。

その後、大久保長安事件により石川康長が改易となり、小笠原秀政が入城。大坂の陣以後は、松平康長や水野家、松平康長にはじまる戸田松平家(戸田氏の嫡流)が代々居城としました。

松本城の天守閣に登った後は、松本市立博物館を見学し、夕方宿に着きました。

親子5人揃って旅行したのは、十数年ぶりで、幸福な時間を過ごすことが出来ました。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017年06月|2017年07月 |- ブログトップ
メッセージを送る