So-net無料ブログ作成
検索選択

京セラドーム 南海ホークス対近鉄バッファローズ [スポーツ観戦]

懐かしい対戦である。

題して大阪クラシック

今のソフトバンク・ホークスと、オリックス・バッファローズの選手が、昔懐かし、南海ホークスと近鉄バッファローズのユニフォームを纏い、対戦するのである。しかし、明らかに南海ホークスのユニフォームの方が古い時代のものだ。

私も10年ぶりくらいになるのだろうか、久振りに野球観戦に京セラドームに出かける。18時の試合開始であるが、14時前には家を出て、15時には当日券売り場の前に着いていた。まだ、熱心なファン20数名が並んでいるだけだ。今のソフトバンクのユニフォームを着ている者、緑の南海ホークスのユニフォームを着ている者、ダイエー時代、しかも鷹のヘルメットをかぶっている者等々めいめい様々な格好している。バッファロー・ファンも同様だ。両チームの歴史が感じられる。

並んでいると雨が降り出した。傘をさす。チケットの発売開始が15時30分、開場が16時だ。
並ぶ人も徐々に増えてくるが、精々50人までで、嘗てのプロ野球人気が高かった頃の人数には遠く及ばない。

チケットは内野自由席を正規の半額の1200円で買う。アサヒメイトの割引だ。割引制度がいろいろあるので、事前に調べて行かないと損である。

16時の開場と同時に駆け込む。内野自由席の最前列に陣取ると同時に、ホークス・ファンクラブのサービス、限定ピンバッジをもらうため、10番ゲート近くに急ぐ。すでにかなりの列が出来ている。でも、1000個配布なので、数は十分である。

もらうものをもらった後、座席に戻り、練習風景から観戦する。
バッティング練習を見るのは、球場ならではの楽しみである。

野球観戦.jpg


18時に試合開始。今日はスローペースの試合展開だ。1時間に2回程しか進まない。
オリックス・バッファローズの一方的な試合となる。今年の今の時期は、オリックスの方が勢いがある。
ソフトバンクは貧打で見るに耐えない。オリックスが絶えず、ランナーを出しているのに、ソフトバンクは凡打が続く。7回までに6対1で大差をつけられる。

8回表、ソフトバンクがあっさりと攻撃が終わり、これ以上待っても、反撃は期待できないと、球場を後にする。

(完)

タグ:野球
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。