So-net無料ブログ作成

丸亀再訪③ 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 建物外観 [アート]

丸亀駅の真ん前に、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館というのがある。これも、ミュージアム88カードラリーin四国の対象施設の1つだ。

猪熊玄一郎.jpg

猪熊玄一郎という芸術家は知らなかったので、調べてみた。

猪熊弦一郎は、日本の洋画家で、本名、玄一郎である。1902年(明治35年)高松市に生まれ、丸亀市に転居、旧制丸亀中学校(現香川県立丸亀高等学校)を卒業する。

1922年、 東京美術学校(現東京芸術大学)洋画科に入学し、藤島武二に師事する。
1926年に結婚。同年に妻をモデルにした「婦人像」で帝展初入選。
1936年小磯良平、脇田和らと新制作派協会を設立。1938年に渡欧してフランスでアンリ・マティスに指導を受けたが、第2次大戦のより1940年に帰国した。
戦後、1955年ニューヨークに活動拠点をおいた。それまで、洒脱な人物像を描き、モダニズム画家として知られていたが、画風は抽象に転じていった。
1973年、脳血栓で倒れてニューヨークを離れ、1975年からは温暖なハワイで毎年冬をすごしながら創作活動を続けた。
1980年、勲三等瑞宝章を受章する。
1993年、「祝90祭猪熊弦一郎展」で第34回毎日美術賞を受賞する。同年5月17日急逝。享年90。


丸亀市猪熊弦一郎現代美術館は、丸亀市出身の洋画家猪熊弦一郎の画業顕彰と地域の美術振興を目的に1991年開館し、現代美術の企画展などを行っている。建築設計は正統派モダニズム建築家の谷口吉生である。

まず、美術館の周りに、数々のオブジェが配置されている。

赤.jpg
巻貝.jpg
黄色.jpg
動物.jpg

玄関.jpg
玄関

この日は、「ダブル・ファンタジー:韓国現代美術展」という企画展が開催されていた。

DF.jpg
DOUBLE FANTASY -Korean Contemporary Art

(続く)


丸亀市猪熊弦一郎現代美術館




谷口吉生「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館・図書館」―建築を見る (エスキスシリーズ)

谷口吉生「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館・図書館」―建築を見る (エスキスシリーズ)

  • 作者: 古谷 誠章
  • 出版社/メーカー: 彰国社
  • 発売日: 2001/06
  • メディア: 単行本



カメラの前のモノローグ 埴谷雄高・猪熊弦一郎・武満徹 (集英社新書)

カメラの前のモノローグ 埴谷雄高・猪熊弦一郎・武満徹 (集英社新書)

  • 作者: マリオA
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2000/05
  • メディア: 新書



ヤン・ファーブル

ヤン・ファーブル

  • 作者: 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
  • 出版社/メーカー: 淡交社
  • 発売日: 2001/04
  • メディア: ハードカバー



画家のおもちゃ箱 (1984年)

画家のおもちゃ箱 (1984年)

  • 作者: 猪熊 弦一郎
  • 出版社/メーカー: 文化出版局
  • 発売日: 1984/09
  • メディア: -



猪熊弦一郎展 (1982年)

猪熊弦一郎展 (1982年)

  • 作者: 猪熊 弦一郎
  • 出版社/メーカー: 香川県文化会館
  • 発売日: 1982
  • メディア: -



キャンバスを超えた画家猪熊弦一郎

キャンバスを超えた画家猪熊弦一郎

  • 作者: 四国新聞社事業局出版部
  • 出版社/メーカー: 四国新聞社事業局出版部
  • 発売日: 1994
  • メディア: -



みづえ原色選集〈第3〉猪熊弦一郎作品集 (昭12年)

みづえ原色選集〈第3〉猪熊弦一郎作品集 (昭12年)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 春鳥会
  • 発売日: 1912
  • メディア: -



マチス (昭和26年) (少年美術文庫〈202〉)

マチス (昭和26年) (少年美術文庫〈202〉)

  • 作者: 猪熊 弦一郎
  • 出版社/メーカー: 美術出版社
  • 発売日: 1951
  • メディア: -



ダブル・ファンタジー:韓国現代美術展

ダブル・ファンタジー:韓国現代美術展

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: フォイル
  • 発売日: 2009/07/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。