So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

伊勢神宮 内宮 [神社仏閣]

ゴールデンウィーク伊勢神宮にお参りしてきました。この年(58歳)になって、伊勢神宮は初めてです。子供達は修学旅行とかで行っているみたいです。

カーナビで伊勢神宮外宮を設定する。カーナビで外宮と内宮が出てきたのですが、私は外宮は内宮の外側にあるのだと思っていたのです。周囲から攻めて、最後に中心にと考えていたのです。後で外宮と内宮は別々の神様を祀っていて、場所も別だと知りました。

ゴールデンウィークの混雑を避けるため、高速道路の伊勢西ICの出口が閉鎖されていて、伊勢ICで降りることにしました。伊勢ICだと、内宮が近いので、目的地を内宮に切り替えました。これが正解でした。

次に駐車場ですが、内宮に近い民間の駐車場はあったのですが、市営の駐車場に停めようとすると、河原の随分遠い駐車場になりました。市営だと無料かと思いましたが、出る時に600円取られました。おそらく民間はもっと高いのでしょう。

参拝する前に腹ごしらえをすることにしました。川沿いの「手こね茶屋」という店に入りました。店はそれほど混んでおらず、並ばずに座られました。伊勢名物の「伊勢うどん」と「手こね寿司」のセット注文しました。伊勢うどんというのは、色も味も濃いおつゆのうどんです。手こね寿司は、寿司飯の上に醤油で味をつけた鮪がのせてあります。私には、どちらも少し辛いようです。

おかげ横丁を通って、いよいよ参拝です。本殿まで何回か鳥居をくぐりました。その都度一礼しました。宇治橋を渡りました。五十鈴川で禊をしました。

大きな木々の間を進んでいくと、心が洗われて、とても神仙な気持ちになってきます。

伊勢神宮.jpg

御修殿、荒祭宮にお参りしました。帰りに御朱印もいただきました。

今月終わりに開かれるサミットの際に、安倍首相はオバマ大統領らを伊勢神宮に案内するのかもしれませんが、伊勢神宮は外国の人には分かりにくいかもしれませんねぇ。

帰路、おかげ横丁の郵便局の前で伊勢志摩サミットの記念切手を購入する。

(完)


平城宮跡 [その他観光・レジャー]

シルバーウィークの最終日。家でごろごろしていてもと、出掛けた。
近鉄大和西大寺を中心に散策することにした。
西大寺→秋篠寺→平城宮跡と巡った。

西大寺は、秋祭りとあったので、賑やかかと思ったが、あまり人がいなかった。
秋篠寺は、本堂は国宝とあるが、外観は今ひとつ。中の仏像はなかなかのものだった。苔の庭園も見事であった。
平城宮跡は、とにかく広いので歩き疲れた。おまけに帰りに西大寺駅まで歩くのに途中道に迷った。

この日は、何と20000歩も歩いてしまった。

大極殿2.jpg
平城宮跡大極殿

彼岸花2.jpg
道端に咲いていた彼岸花

(完)


「新印象派」展 [アート]

あべのハルカス美術館に「新印象派」展を鑑賞に行く。
新印象派とは、「印象派」を継承し、20世紀のフォーヴィスムへ繋げる役割をしたスーラやシニャックを中心とする画家たちである。その特徴は、科学理論に基づく点描にある。

新印象派4.jpg

あべのハルカス美術館は、今年3月にオープンしたばかりの美術館である。日本一の超高層ビルあべのハルカスの16階にある。美術館は二度目だが、30階にある展望台には行ったことがない。でも、16階でも十分眺望がいい。

新印象派3.jpg

この日絵を鑑賞した後、「新印象派-色彩の解放」と題する講演会に参加する。
講演会は、24階のオフィス・フロアにある会議室で行われる。マリーナ・フェレンティ・ボキヨン氏である。肩書きは、本展総監修者、美術史家、ジヴェルニー印象派美術館副館長、シニャック・カタログ・レゾネ編集者とある。氏とあるが、女性である。年齢はよく分からないが、上品で如何にもこういう職業にふさわしい顔立ちである。

講演は、スライドを見ながら、通訳をつけて、個々の作品に解説をつけていくという形で進んでいた。私は前夜の夜更しもあり、ついウトウトとしてしまった。それでも、後半は目をぱっちり開いて、流暢なフランス語に聞き入った。

講演会が終わって、16階に面した空中庭園を散歩しながら、イタリアン・ジェラートの誘惑に打ち勝ちながら、心は今見たばかりのスーラやシニャック、ピサロの絵の余韻に浸っていた。




ジョルジュ・スーラ―点描のモデルニテ

ジョルジュ・スーラ―点描のモデルニテ

  • 作者: 坂上 桂子
  • 出版社/メーカー: ブリュッケ
  • 発売日: 2014/06
  • メディア: 単行本






印象派で「近代」を読む―光のモネから、ゴッホの闇へ (NHK出版新書 350)

印象派で「近代」を読む―光のモネから、ゴッホの闇へ (NHK出版新書 350)

  • 作者: 中野 京子
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2011/06/08
  • メディア: 新書



新印象派のプラグマティズム―労働・衛生・医療

新印象派のプラグマティズム―労働・衛生・医療

  • 作者: 加藤 有希子
  • 出版社/メーカー: 三元社
  • 発売日: 2012/04
  • メディア: 単行本



文楽「通し狂言 伊賀越道中双六」観劇 [文楽]

 久振りに、文楽鑑賞に大阪日本橋にある国立文楽劇場に足を運ぶ。文楽というと堅苦しいイメージがあるが、一度通いだすとたまらなく面白く、結構はまっている人も多い。
 今回の演目は、「伊賀越道中双六」という仇討ちものである。「鍵屋の辻の決闘」とも呼ばれる実際にあった事件を題材にしている。
文楽6.jpg
 通し狂言というのは、一日がかりで一つの作品を上演するものである。通常、文楽を見に行くと、一つの作品のすべてでなく、いくつかピックアップした「段」を見る。通し狂言という公演の仕方の方が珍しいのだ。朝10時半に始まり、8時50分に終わる。これをずっと見るのは、流石にしんどい。2時間物の映画をじっと見るだけでも眠たくなるのだ。幸いに一部と二部の分かれているので、一部と二部を別々の日に見に行く。ひょっとして、一日で最初から最後まで見る豪傑もいるのかも知れない。

続きを読む


姫路城の桜 [桜]

少し時期はずれであるが、桜の記事である。

姫路で20年に一度のお祭りを見た後、姫路城に桜を見に行く。この日は今春最後の週末の花見である。花は、前日の荒天もあり、かなり散っているが、ぎりぎりセーフである。

平成の大修理期間中であり、天守閣は見れないが、その他櫓もあり、桜もあり、十分楽しめた。

姫路城の桜.jpg

天守閣には覆いがしてあり、表面に天守閣に絵が書いてあったのが、何となくユーモラスであった。

天守閣の修理しているところも見学できるのだが、2時間待ち、3時間待ちであったので、諦めた。

また、三の丸広場でゆるキャラショーをやっていた。

昼食に姫路の名物の穴子飯を食べる。1000円だった。

(完)


20年に一度のお祭り・三ツ山大祭 [祭り]

3月31日から4月7日にかけて、20年に一度のお祭り、三ツ山大祭が開催された。

場所は、兵庫県姫路市である。播磨国総社、射楯兵主神社の祭礼である。

姫路のお祭りと言えば、毎年秋に行われる灘のけんか祭りが有名であるが、この三ツ山大祭はもっと歴史があるお祭りだ。

起源は平安時代、藤原純友の乱・平将門の乱を鎮定するため、天慶2年(939年)に斎行された「天神(てんしん)地祇(ちぎ)祭」に由来するとされている。はじめは式年(定まった期間)ではなく、天災や特に国中安泰を願う時、不定期に執り行われていた。三ツ山大祭が式年となったのは、天文2年(1533年)播磨国守護職 赤松政村(晴政)の下知による時からで、20年に一度行うことが定められてから後も、播磨国の平安と発展を祈るお祭りとして、今日まで一度も途絶えることなく継承されてきた。

三つの山はそれぞれ二色山/五色山/小袖山と呼ばれ、二色山には播磨国の大小明神、五色山には九所(くしょ)御霊(ごりょう)大神、小袖山には天神地祇(国中の神々)をお迎えする。
お迎えした神々を本殿の神様「射楯神」・「兵主神」が、この時特別に神門の屋根の上に設けられる門上殿までお出迎えし、三つの山にお迎えした神々を接遇されて、共に国の平安と発展を祈る。


三ツ山大祭.jpg

出かけたのは、最終日の4月7日である。前日は春の嵐で主な行事が中止になっていた。
この日は、朝起きると、風は強いが、何とか晴れていたので、ほっとした。

姫路城の桜もあり、大変な人出であった。

(続く)

タグ:祭り 神社

京セラドーム 南海ホークス対近鉄バッファローズ [スポーツ観戦]

懐かしい対戦である。

題して大阪クラシック

今のソフトバンク・ホークスと、オリックス・バッファローズの選手が、昔懐かし、南海ホークスと近鉄バッファローズのユニフォームを纏い、対戦するのである。しかし、明らかに南海ホークスのユニフォームの方が古い時代のものだ。

私も10年ぶりくらいになるのだろうか、久振りに野球観戦に京セラドームに出かける。18時の試合開始であるが、14時前には家を出て、15時には当日券売り場の前に着いていた。まだ、熱心なファン20数名が並んでいるだけだ。今のソフトバンクのユニフォームを着ている者、緑の南海ホークスのユニフォームを着ている者、ダイエー時代、しかも鷹のヘルメットをかぶっている者等々めいめい様々な格好している。バッファロー・ファンも同様だ。両チームの歴史が感じられる。

並んでいると雨が降り出した。傘をさす。チケットの発売開始が15時30分、開場が16時だ。
並ぶ人も徐々に増えてくるが、精々50人までで、嘗てのプロ野球人気が高かった頃の人数には遠く及ばない。

チケットは内野自由席を正規の半額の1200円で買う。アサヒメイトの割引だ。割引制度がいろいろあるので、事前に調べて行かないと損である。

16時の開場と同時に駆け込む。内野自由席の最前列に陣取ると同時に、ホークス・ファンクラブのサービス、限定ピンバッジをもらうため、10番ゲート近くに急ぐ。すでにかなりの列が出来ている。でも、1000個配布なので、数は十分である。

もらうものをもらった後、座席に戻り、練習風景から観戦する。
バッティング練習を見るのは、球場ならではの楽しみである。

野球観戦.jpg


18時に試合開始。今日はスローペースの試合展開だ。1時間に2回程しか進まない。
オリックス・バッファローズの一方的な試合となる。今年の今の時期は、オリックスの方が勢いがある。
ソフトバンクは貧打で見るに耐えない。オリックスが絶えず、ランナーを出しているのに、ソフトバンクは凡打が続く。7回までに6対1で大差をつけられる。

8回表、ソフトバンクがあっさりと攻撃が終わり、これ以上待っても、反撃は期待できないと、球場を後にする。

(完)

タグ:野球

北野天満宮 [神社仏閣]

北野天満宮.jpg

防府天満宮を紹介したついでに、北野天満宮も紹介する。

京都紅葉を見に行ったついでに寄った。

寄ったといっても、実は嵐電の北野白梅町駅で降りて、誤って天満宮とは逆の方向に歩いてしまい。気がついたのは20分ほど行ってからだ。それから引き返したのだから、およそ1時間ほどロスをしたのではないか。途中で帰ろうかと思ったが、受験生を持つ親心で、我慢強く歩いた。

北野天満宮創建に纏わる話は以下のとおりである。

延喜3年(903年)、菅原道真が無実の罪で配流された大宰府で没した後、都では落雷などの災害が相次いだ。これが道真の祟りだとする噂が広まり、御霊信仰と結びついて恐れられた。そこで、没後20年目、朝廷は道真の左遷を撤回して官位を復し、正二位を贈った。天慶5年(942年)、右京七条に住む多治比文子(たじひのあやこ)という少女に託宣があり、5年後にも近江国の神官の幼児である太郎丸に同様の託宣があった。それに基づいて天暦元年6月9日(947年)、現在地の北野の地に朝廷によって道真を祀る社殿が造営された。後に藤原師輔(時平の甥であるが、父の忠平が菅原氏と縁戚であったと言われる)が自分の屋敷の建物を寄贈して、壮大な社殿に作り直されたと言う。

したがって、北野天満宮創建は、菅原道真の死後随分立ってということになる。

社殿のお参りする人が中央に列をなしており、案内板に急ぐ方は左右からとあった。お言葉に甘えて、左手から参拝させてもらった。

少し高かったが、お守りを買ったが。合格祈願というお守りはなく、学業成就というお守りしかなかった。


タグ:神社

防府天満宮 [神社仏閣]

防府天満宮.jpg

日本三大天神の一つである。

日本三大天神とは、京都の北野天満宮、福岡の太宰府天満宮とここ防府天満宮である。

なぜ、ここ防府天満宮が、日本三大天神の一つかというと、道真が宮中での権力争いで失墜し、九州の大宰府に流されていく道筋での宿泊地の一つが防府だからである。道真が亡くなった翌年である延喜2年(904年)に創建され、「日本最初に創建された天神様」を名乗っている。

この日は平日とあって、参拝客は少なかった。

受験生を抱える親として、合格祈願のお守りを買おうと思ったが、以外に高かったので、お祈りだけすることにした。







タグ:神社

サビエル記念聖堂 [その他観光・レジャー]

ザビエル.jpg

フランシスコ・ザビエルの銅像である。まさしく清貧と呼ばれるのにふさわしい。

ザビエルは、キリスト教宣教師で、イエズス会創立期の司祭で、日本に初めてキリスト教を伝えた。

日本では、鹿児島、平戸、山口、堺、京都大分と足跡を残す。

ザビエルゆかりの施設や公園が各地にあり、カーナビで検索するも、全国の施設名は出てくるのだが、近くの記念聖堂が出てこない。

後でわかったのだが、ザビエル記念聖堂でなく、サビエル記念聖堂が正式名ということだ。

サビエル記念聖堂は、昭和になって建てられたもので、現に教会として利用されているようだ。

駐車場に車を停めて、教会まで歩く間に、天が俄かに掻き曇り、大雨が降ってきた。傘は車に置いたままだ。天啓か、慌てて教会に駆け込んだ。

地下にザビエルに因んだ品々とザビエルの生涯を現した絵が展示されている。

しばらく教会の静粛なパイプオルガンの演奏を聞きながら、雨が小降りになるのを待った。雨に汚れた心が洗われたひと時であった。




ザビエルの首 (講談社文庫)

ザビエルの首 (講談社文庫)




ザビエル (Century Books―人と思想)

ザビエル (Century Books―人と思想)

  • 作者: 尾原 悟
  • 出版社/メーカー: 清水書院
  • 発売日: 1998/11
  • メディア: 単行本



ザビエルの見た日本 (講談社学術文庫)

ザビエルの見た日本 (講談社学術文庫)

  • 作者: ピーター・ミルワード
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1998/11/10
  • メディア: 文庫



ジパング島発見記

ジパング島発見記

  • 作者: 山本 兼一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/07/03
  • メディア: 単行本



ジパング島発見記 (集英社文庫)

ジパング島発見記 (集英社文庫)

  • 作者: 山本 兼一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2012/07/20
  • メディア: 文庫



タグ:銅像
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。